Top Page › Category - お出かけ
2019-11-28 (Thu)

福岡の紅葉の名所、数々あれど・・・

福岡の紅葉の名所、数々あれど・・・

紅葉の季節が終わりかけの近頃になって、今更と思われるでしょうが、何しろこの秋は忙しくてブログを書く時間も取れなかったので、なにとぞご勘弁を m(_ _)m。え~っと、表題にあります通り福岡県にも紅葉の名所と呼ばれるスポットが沢山ございます。そんな中でも一度訪れた後に「どこが最高でしたか??」と、お尋ねしたランキングでは、たびたび一位にランクされている糸島・雷山にあります大悲王院千如寺をご紹介させていただきま...

… 続きを読む

2019-10-31 (Thu)

コスモスと震電とワンコ

コスモスと震電とワンコ

10月29日、火曜日のお話 (^^)。家内とBR9で出かけて来ました。行き先はキリンビール福岡工場と、その周辺。工場見学と我が家の奥さんが大好きな試飲が楽しめる工場です。この日は工場と併設されているコスモス園でコスモスフェスタが行われており、平日にも関わらず大変な人出でした (^^;)。予約を入れてなかった私達の見学は2時間待ちになるとの事で、まずは受付で申し込みを済ませ、待ち時間に隣接地にある大刀洗(たちあらい)...

… 続きを読む

No Subject * by ちくち
以前に群馬県のキリンのビール工場見学に行った事あり、試飲しました!
できたての生ビールは最高に美味しいですよねー!

コーギー君・・・可愛いなぁ(^。^)。

re:No Subject * by たかちゃん
ちくち さん。

こんにちはー。
コメントありがとうございます。

できたてのビール!!
きっと美味しいんでしょうね。
九州にあるアサヒ、サッポロ、キリン、サントリー全て行ってます。
・・・が、呑んだことありません。
呑ませて貰ったことありません。
だから美味しいかどうか私は知らんのです(号泣)。

日本酒の蔵も焼酎も以下同文。
ほんっとに呑みたいですよ (^^;)。

コーギーはねぇ、底抜けにフレンドリーな奴なんです。
目を覚ましてる時はいつも遊びたがって、口角を上げて「ヘヘヘヘっ」と笑います。
ぜひ一頭いかがですか??

ってか、お二人の手は大丈夫ですか。釣りに行っちゃイカンですよ (^^)。

No Subject * by 善光寺マニア
震電の実機はスミソニアン博物館にバラバラ状態で復元待ちと聞いてますが、手つかず状態かと。
モデルでも良いので見てみたいですが、うー やはり遠くていけない(笑)

大刀洗 * by でんでんライダぁ
大刀洗記念館知りませんでした
震電見てみたいなぁ

天気最高でお出かけにピッタリでしたね!

No Subject * by なんちゃん
外出先でコーギーを見かけるとついつい吸い寄せられるように近付いてしまいますよね~(^^ゞ
しかもこの病は生涯完治困難の予感が..(笑)

北海道のコーギーはそろそろ秋の換毛期が終盤を迎えているようで抜け毛がピーク時の半分ほどに落ち着いて来ました(;'∀')

re:No Subject * by たかちゃん
善光寺マニア さん。

コメントありがとうございます。

・・・そうですか!!
スミソニアンに有るんですか。

風の噂では終戦後に1機だけ外装部分が組み立てられたと聞いた事がありますが、それごスミソニアンに送られたのかもしれませんね。

米国は遠いですが、スミソニアンならいつか生きてる間に見に行ける可能性はあるし、何しろ可能性が開けた訳だから、とても嬉しいです。

・・・情報ありがとうございました (^^)。

re:大刀洗 * by たかちゃん
でんでんライダぁ さん。

コメントありがとうございます。

・・・大刀洗、記念館の規模は小さいですが、とても良いところですよ。
キリンビール工場と併せてぜひ一度訪れてみて下さい。

この日は松本零士画伯の展示も行われていて、緻密に書き込まれた原画も数点拝見できて、私的には満足度が高かったです (^^)。

re:No Subject * by たかちゃん
なんちゃん さん。

コメントありがとうございます。

そうですねぇ。
コーギーフリークの病は確かに一生治らないかもしれないですね (^^;)。
まっ、諦めてますけどねっ。

我が家のワンコは一年中エアコンの利いた環境で暮らしてるせいか、以前に比べると殆ど換毛しなくなりました。
とは言うものの「殆ど」という単位は、奴の縄張りのカーペットやソファーを掃除すると、一度でダイソンが満杯になるという次元です。
全くもってこの資源を活用してセーターとかマフラーとか、作れませんかねぇ (^^;)。

No Subject * by 木 木寸 ネ谷 二
震電という名称に反応して来てしまいました♪

先尾翼形式という奇抜な設計の試作戦闘機。
カタログデーターは凄い数字なので、
実用化され量産化に成功し実戦に投入されたなら、
どんな戦果を挙げたのか興味深いところであります。

以前、太刀洗に行ったことが一度ありましたが、
銀色一色の九七戦を見れたのには感動しました。
あの頃はそんなに訪問客も居なかったんですが・・・

No Subject * by たかちゃん
木 木寸 ネ谷 二 さん。

初めましてー。
コメントありがとうございます。

震電の試作機が完成した当時は、既に日本国内では資材の枯渇、生産設備の破損等のため航空機を大量に生産する能力は失われていたでしょうし、震電は局地戦・・・いわゆるインターセプターですから、数を揃えられても、戦局の転換には至らなかったかもしれませんね。

その一方であの独創的な機体には、期待や夢を抱かせるような「感覚」が有りますよね (^^)。
・・・せめて望みをって。
私も大好きな機体の一つです。

大刀洗ではその他に松本零士画伯の作品や原画(少ないですが)の展示もやってて、私はそちらも楽しめました。

機会がありましたら、ぜひまた訪れてみられてはいかがでしょう (^^)。


Comment-close▲