Top Page › 無題 › 今日は塗装作業です・後編
2014-07-06 (Sun) 10:45

今日は塗装作業です・後編

・・・時間を昨日の午後に戻します(^_^;)。
昼飯を食べ終わると、サフェーサーが乾燥していたので、
#1000の耐水ペーパーで水研ぎしました。
金属製のパーツでは無いので、後々の錆発生を心配せずに
水研ぎ出来るので、とても作業が楽ですね。
サフェーサー表面を滑らかに仕上げたら、エアブローして乾燥させ
ベースコートの塗装段階にはいります。

今回使うベースコートは、ロックペイントの PRO TOUCH。
1液タイプのプロ向け塗料です。
1液とは言うものの従来の2液タイプの物に比べると格段に省力化
できますし、乾燥後は表面をトップコートで覆うという前提なら
2液タイプに全く見劣りしない仕上がりと耐久性もあります。

イメージ 1



この塗料を吹くガンは、先日お試しで購入したアストロプロダクツ製
LPHVタイプの物。
ノズルはφ1.0  エアは2.0Kで試し吹きしてみます。

イメージ 2

実際の塗料は・・・

イメージ 3

こーんな具合です。 メタリック成分がギラギラと漂っているのが
お判りいただけるでしょうか。
塗装する前によーく攪拌します。
この塗料も気温に合わせて希釈が必要で、この日の気温28℃
に合わせて1:1で混合してみます。
・・・試し吹きをした結果はマズマズ。
早速、本吹きに入りましょう。

イメージ 4

塗料がタレないよう、ムラが出来ないよう気をつけながら、
二度吹きで全体を均一に塗り上げます。
この色はホンダの純正色番はNH623Mサテンシルバーメタリック
に相当します。
あっ、私はヘタの横好きで時々塗装で遊んでるアマチュアですから
自分で色を合わせて塗料を調色することはできません。
ですからこういった塗料はプロに依頼して、調色済の物を購入して
います。 とは言うものの購入してきたままで色味が合わない事も
多々ありますので、最小限の色修正だけ自分でやります。
その辺りのコツは、子供の頃プラモデルを塗装するのに調色した
レベルの技量なので、全くもってヘタクソです (^_^;)。
要は私のような素人だって塗装は出来ますと申し上げたい訳。

さてベースコートの塗装が乾燥しました。
あまり艶もよくないですし、表面に少しざらつきもあります。
・・・・が、メタリックのベースコートはこれで良いのです (^o^)。
色合いムラが無く、メタリックの金属分が塗装面に均一に行き渡
っていれば、それで良しとします。
よく見聞きする失敗談としては、このベースコートの段階で艶を
出そうと耐水ペーパーやコンパウンドで磨いてしまう例。
これをやっちゃうとメタリックの金属分が妙に潰れたり、中途半端
に塗膜から足を出したりする事に成り、最終的に綺麗な塗装に仕
上がりにくくなります。

さて、トップコートです。 塗装の最終工程ですね。

イメージ 5

先日いただいたChroma Clear を吹いてみます。
・・・これを塗りたくて土曜日にバイクにも乗らず作業してるん
ですから (^_^;)。
組み合わせるガンは、これもまたアネスト岩田のφ1.3mm。
トップコート用としては細めですが、これしか持っていないので
仕方有りません。 ビンボなので (^_^;)。
ただし同じ1.3mmでもサフェーサーを吹いた物とは別物です。
この二つは絶対に使い分けないと泣きを見ます。

Choroma Clearの使い方は少し変わってて、シンナーによる
希釈は原則的に行いません。
3:1の比率で硬化剤を混合し、そのまま吹きます。
この時、ベースコートのメタリックを攪拌したように、
強くかき混ぜてはいけません。
気泡が生じると、そのまま塗装面に小さな泡が吹き付けられ
てしまいます。

以前にご紹介したこの塗料の特徴である傷の自己修復性
を持たせるには、この段階で添加剤を加える必要があるの
ですが、混合比のさじ加減を間違えるとうまく硬化しないと
いう問題もありますので、今回は混合せず、普通のクリア
として塗装してみました。
エア圧は少し高めの4Kで試してみます。

イメージ 6

研ぎや磨きをかけていない、素の塗装状態です。
幸いダマ(塗料のツブが飛んだ状態)やブツ(塗装表面の異物付着)
は見られませんが、若干表面がミカン肌っぽく見えます。
少しガンスピードが早かったようです。反省ですね (^_^;)。
とは言うものの、シンナーを混合しないから、そこでガンスピード
は調整出来ないし、硬化剤の混合比の問題なのかなぁ (^^?)
そもそも4Kで吹くにはコンプレッサーがパワー不足だな。
まっ、その辺りは次回の宿題としましょう。
この程度のミカン肌なら少し研げばきれいになりますしね。

イメージ 7

はい。組み立ても完了。 色味もほぼ合ってますね。
脱着作業も含めて実作業に要したのは6時間ほど。
(実際は、昨夜は出かけたので一晩放置してます)
各工程の乾燥時間が短いので助かります。
これなら週末板金塗装も出来ますね (^o^)。
塗装屋さんに依頼する費用も節約出来ました。

さて、手が空いたので遊びに行こうと思い立つと外は雨。
そろそろ台風接近の影響も出始めているのやろか (^_^;)。
困ったなぁーと思いつつ・・・。

それでは、また (^o^)>





最終更新日 : 2019-08-28

Comment







管理者にだけ表示を許可