Top Page › 無題 › ドタキャンでラピュタへ
2014-07-28 (Mon) 22:55

ドタキャンでラピュタへ


今日は午後から会議で上京する予定でした。
・・・が、午前7時過ぎに参加予定者の急病でドタキャン決定。
すっぽり予定が空いてしまいました。
天気予報では、昨日に比べると3~4℃は涼しいらしい。

・・・そうだ。 バイクに乗ろう!!  (爆笑)。
一応、有給の形を取ってと (^_^;)。
どこに行くかは、決めない内に走り出しておりました。

意識を取り戻したのは、大分県日田市大宮交差点。
以前に一品街があった場所。

イメージ 1

ここを右折すると、いつもの日田市大山へ向かうのですが、
今日は直進します。


んで、毎度お馴染みの日田スカイファームロードの入り口へ。

イメージ 2

ここを右折して熊本県小国方面へ。
元々、この辺りは盆地で、夏は猛烈に暑いのですが、
・・・確かに昨日に比べると格段に涼しいですね。

イメージ 3

亀石峠では素晴らしい飛行機雲が迎えてくれました。
右側に停車しているエクストレイルとフロントタイヤに足をかけた
女性も、なんだか夏の風景です (^o^)。


イメージ 4

ファームロードを降りて、道の駅小国で小休止。
日差しが強いですが、空気が乾いてて爽やかです (^o^)。

この道の駅にも電気自動車の充電施設がありますねぇ。
そういう時代になりつつあるんですねぇ。なんだか感慨深いです。

小国を出発し一路阿蘇へ向かいます。
ツーリングの行き先に迷ったら阿蘇へ行けって言いますもんね。


イメージ 5

いつもなら大観峰からミルクロードに向かうのですが、
今日はそちらへ向かわず内牧方面へ阿蘇外輪山を下って行きます。

内牧温泉の交差点を通り過ぎ、熊本県道149号の長寿ケ丘公苑の
案内板から右折し、山手に向かいます。


イメージ 6

深い森の中を抜けて、道路は外輪山方向へ上って行きます。
走り始めた当初は、のどかなカントリーロードって印象なんですが、
高度が上がるにつれて様相が変わり始めます。



イメージ 7

阿蘇らしいダイナミックな眺め。
そして路面はかなりな悪路となります。

・・・私、国道500号の野峠とか柳峠とか、福岡県道79号とか相当な
悪路をR1000で走りましたけど、ここの道もSSで走るには相当な
決心を要します (^_^;)。


イメージ 8

やがて目的地に近づくと一気に眺望が開けます (^o^)/。

イメージ 9

はい。ここが絶景道と名高いラピュタの道です。


イメージ 10

バイク雑誌や様々な媒体で紹介されているのは、阿蘇大観峰から
ミルクロードを経てラピュタの道へ至るルートと観望なんですが、
私は逆側からアプローチして、わざわざ悪路を長々と走ってしまった
という訳です。 これも日頃の行いの悪さ故なのでしょうか(苦笑)。

・・・この場所が霧に包まれたり夕日で輝いている時、
道はラピュター向かう道のように見えるのだそうです。

実はもう少し上った場所に展望の良い場所があり、恐らくそちらが
ベストビューだろうと思うのですが、今回は時間もありませんでした
ので、そこは次の機会に譲ることにしました。

ラピュタの道はライダーの間では有名な絶景で、私が写真を撮って
る間に二人の方が訪れて来られました。
最初の方は広島を朝の5時に出発して来たというYZF R6氏。


イメージ 11

左側が私のR1000ですが、よく似た二台でしょ?? (^o^)。
青いSSで、同じ形のツーリングバッグ。
そしてマフラーは全く同じ物。
「兄弟みたいだね」と談笑してしまいました。


そしてもうお一人は長崎のライダーさんで、今日は島原を経て
フェリーで渡って来られたエストレア氏。


イメージ 12

「iphoneのナビで来たんだけど、ちゃんと着けるもんですねー」と
仰っておられ、とても楽しくお話し出来ました。


三人でお互いの無事を祈って帰路に付いたのですが、私は土砂や
崖崩れで道路が塞がれないよう置かれている大きなブロックに
ステップを引っかけて亀の子状態になってしまいまして、
自分でも本当にドジな奴だなとジタバタ苦労していた時に、
運良く通りがかった家族連れの方にお助けいただいて、
無事に戻って来ました。  トホホホホ (^_^;)。


なんだかんだと色々あった往復240Km。

予想してたよりラフ&ロードのメッシュジャケットは涼しかったです。
それからRX-7 rr5も始めて真夏に使ったのですが、これまた涼しくて、
内装の清涼感もあり、良いヘルメットなんだなぁと実感しました。


それでは、また (^o^)>



最終更新日 : 2019-08-28

Comment







管理者にだけ表示を許可