Top Page › メンテナンス › カーボン除去性能の比較実験 PEA対MEK その②
2014-11-30 (Sun) 13:28

カーボン除去性能の比較実験 PEA対MEK その②

地味ーな実験、続いています (^_^;)。
実験開始から24時間経過時の画像をご覧下さい。

これはMEKを主成分とするクリーナーキャブの液体に
漬け込んだプラグです。

イメージ 1

液体中に浮遊しているカーボンの量が少し増えたように見えます。
また、プラグのネジ部分に付着していたカーボンが若干ですが
少なくなっているように見えます。

これは角度を変えて撮影した画像。

イメージ 2

こちらでは確実にネジ部分のカーボンが減少したのが判ります。


続いてPEAを主成分とするスバルPEAカーボンクリーナーの液体に
24時間漬け込んだ結果です。

イメージ 3

液体が黄色いため、ちょっと見にくいですが全体的にカーボンが
少なくなり、若干ですが液体の色が濃くなったように見えます。

同じく角度を変えて見ます。

イメージ 4

あー、こちらの角度からは、殆どカーボンが付着していないように
見えます。 こりゃあ画期的効果じゃないでしょか(^^)。

・・・どうやら二つのケミカル剤は効果を発揮しているようです。
そして効果の現れ方に違いもあるようです。
やれやれ、実験してみる価値はあったようですね (^_^;)。
って事で、もう少し実験を継続してみます。

・・・しっかし、じっと待ってるだけの実験は退屈ですね。
外は雨が降り始めたので、走りに行けません。

部品棚には色んな部品が届き始めました。

これはR1000のインジェクターと、Oリング等々。

イメージ 5

こちらはスクーデリアオクヤマさんでOHしたRダンパー。

イメージ 6

ビンボなので純正部品の仕様変更した物を使います (^_^;)。

ほんとなら、どちらも雨が降ってる今日あたりに組み替えるのが
理想的なんですが、せめてもう少し人差し指の爪の状態が良く
ならないと作業ができません。
ああ、退屈な日曜日です。
・・・それでは、また (^o^)>





最終更新日 : 2019-08-28

Comment







管理者にだけ表示を許可