Top Page › ブログ › ナットスプリッター(ナット割り)を試すの巻
2020-02-08 (Sat) 10:17

ナットスプリッター(ナット割り)を試すの巻

3~4日ほど体調不良で、寝たり起きたりしてました (-_-)。
幸いインフルでもコロナでもなく、一安心しました。

そんな間も体調の良い時を見計らってシシャモ号(NHP10 アクア)のスタビライザーリンクを交換しようとして大チョンボやらかしました (^^;)。
自分への戒めの意味を込めて事態の顛末と、再発防止の手立てを記します。
勿論、ボルト&ナットの腐蝕や固着は四輪に限らず、二輪でも起き得るトラブルですから、万が一のトラブルの際に参考にしていただければ幸いです。

・・・スタビライザーリンクって何 ??

ad151.jpg

スタビライザーとストラットを連結するロッド状のパーツで、別名スタビリンクとかスタビライザーリンクとも呼ばれます。
語源であるスタビライズは、鎮めるとか収束させるって意味合いですが、本来サスペンション系の動きを収束させるのはダンパー(ショックアブソーバ)であって、私的にはスタビライザーと言うよりか、アンチロールバーと表現する方が実態に合うと思っています。<---例によって余談ですが (^^;)。

・・・で、アクアって車は経年変化により、特異的な部分サビが発生する傾向が有るのですが、つまりまっさら綺麗でサビが発生していない広い部分にポツンと一つだけ真っ赤に錆びたボルト&ナットが有るというような状況です。

我が家のシシャモ号にもその傾向は見てとれ、ボルト&ナットが激しく錆びていると、いずれ何らかの事情で交換する必要が生じた時に、自分自身なりディーラーのサービスマンが泣きを見るなと考え、事前に交換しようと思い立ったのですが、この手合いのパーツを脱着するためにナット(M12)を緩めるには、ボルト側の内部に設けられたHEX穴にレンチを入れてボルトを固定し、ナットを緩めます。

リンクの脱着作業を始める段階で、「これHEX穴部分も腐蝕が激しいから、ナットを緩められるかどうか微妙だなぁ」と危ぶみながら作業したのですが、ナットが抜ける直前のところ迄緩んだ時に、いきなり、グリン ! ! ( ゚Д゚)。
見事にHEX穴が嘗めてしまい、ナットは締める事も緩める事も出来なくなりました。

通例HEX穴とは別にボルトの付け根側には6角ナット形状の加工が施してある例が多く、エマージェンシーの際はそこにスパナをかけて脱着作業を行いますが、この純正リンクにはそれも無し。
結局、体調不良で根気が無かったのも併せ、ディーラーに持ち込んで脱着作業を依頼する事になりました (T_T)。

取り外したリンクはこちら。
今後は自戒のためと、作業失敗の原因を確かめるため保管します。

ad152.jpg

私は16歳で二輪免許を取り、18歳で四輪免許を取得して以来、リコールキャンペーンや事故の修理(保険負担)を除き、修理はすべて自力対応してきましたから、18歳の時スーパーフロンテ号(F-L550用キット組み込み)のドライブシャフトを出先で折損し修理代を支払って以来、これが生涯二度目の作業工賃支払いとなりました。<--- 大変無念でごじゃる (T_T)。

問題のボルト&ナット部分を子細に観察してみると・・・
ボルト中心の6角穴は腐蝕も激しく、完全に嘗めています。

ad153.jpg


ボルトの方もかなり腐蝕が進んでいますね (^^;)。

ad154.jpg

こういう部分はアクアに限らず、有りがちな腐蝕ではあるのですが、コレは少しばかり防錆処理が甘いような気もします。<---あくまで私感ですが。

折角ですから原因把握と同時に再利用の可否も考えてみます。
(本来スタビリンクは再利用不可とは指定されていません)
リンクのボルト部分の規格はM12 P1.25です。
日産やスバル車用のホイール取り付け用スタッドと同寸です。
そういう訳なので、同寸法のダイスがチェストにストックしてあります (^^;)。

ad155.jpg


盛大に錆と切り粉を出してネジ山の修正をやります。

ad156.jpg


修正を終えると、ボルト側は再使用可能なように見えます。

ad157.jpg


ただし固着したナットを取り外すためにロッドの根元部分を工具で咥えた傷が見られますし、さほど高価な部品でも無いのでリンクAssyで交換するのがベターでしょうね (^^;)。

それではツールマークの傷を残さずにナットを取り外す方法は無いかとなると、ナットスプリッターというツールでナットをカチ割って取り外す方法があります。
残念ながら今回の失敗をやらかした際は、16mmまでの対応のナットスプリッターしか持ってませんでしたから、これは失敗以降に実験のため購入した大きめの物です。

ad158.jpg


使い方は簡単。
実験用に用意したM12ボルト&ナットを準備し・・・

ad159.jpg


ツールをこんな具合にセットし・・・プレスをかける側のヘッドを回します。

ad160.jpg


取り外すナットの対角を二カ所押し切ると、パチン ! ! という音と共にナットは割れて、ボルトから取り外すことが出来ます。

ad161.jpg


ナットの切断面はこんな感じ。
ナットの内側から眺めるのは珍しいので、新鮮な感じあります (^^)。

ad162.jpg


ボルト側の状況は・・・
僅かですがナットスプリッターの刃先が当たった痕跡が見られます。
厳密には再使用はどうかなぁと思いますが、大きな応力が作用する部分で無ければ、念のためダイスで修正しておけば使えるかもですね。

ad163.jpg

今回は低強度のボルト&ナットでの実験ですし、元々この工具には「強度の高いステンレスや熱処理されたナットは切断出来ません」と記されてますから、現実にトラブルに出くわした際に実用になるか否かは、まず実践してみないと判らないでしょうねぇ (^^;)。(油圧式の大型の工具も有りますが、作業スペースが・・・)
まっ、手持ち技の一つとしてツールチェストを置いてて損はありませんから。

そういう訳で頼りになるのは新品交換。
とは言うものの、ボルトの根元部分に6角の加工が無いのは心許ないので、優良社外品を買ってみました。
タイのCERAというメーカーの製品です。

ad164.jpg

適応はTOYOTA YARISとVIOSですね。
VIOSは国内ではあまり馴染みが無いかもですが、トヨタが中近東から東南アジアに広く販売しているコンパクトセダンです。要はヤリス(ヴイッツ)、アクア、ヴィオス等の兄弟車向け部品ってことですね。

ad165.jpg


中身は特に問題の無いリンク。
ただしAとBの2点に特徴があります。
Aの部分には純正には無い6角加工が施されており、腐蝕したボルト&ナットが固着した際の補完的取り外し手段になっています。
またBの部分は樹脂入の緩み止めナットが採用されています。

ad166.jpg


部分的に拡大してみると・・・

ad167.jpg


あららっ。6角穴の防錆処理も純正より丁寧なのかも (^^;)。
もしかして高温多湿の東南アジア仕様なんですかね。
なかなかどうして大したもんだと思います。

ad168.jpg


ad169.jpg


ここまで根を詰めて失敗原因を追求しとけば、二度と同じ失敗はしでかさないだろと一安心 (^^)。
元気を出すために、家内に美味しいお酒と肴を食べさせて貰いました。

お酒は岩手の、純米吟醸あさ開き。
やっぱりこの時季の日本酒は北国の産が美味しいですね。

ad172.jpg


夕食兼酒の肴は・・・
ホウレン草とモヤシのお浸し。

ad171.jpg


それからいつものマグロですね。
おいし~な !(^^)!。

ad170.jpg


バリバリ食べて元気になって、頑張りまっせ~ ( `ー´)ノ。

今回の大失敗に反省 ! !
それでは、また (^o^)>

最終更新日 : 2020-02-09

さすが * by kazuto
小さなミスでも見逃さず、徹底的に原因を突き詰めて、二度と同じ問題は起こさない‼️
そこが凡人とは違うところなんですねー😃。
さすがはご教祖様です。
勉強になりました。

re:さすが * by たかちゃん
kazuto さん。

こんにちはー。
コメントありがとうございます。

いやいや~。
失敗やらかした後始末ですからねぇ。
自慢できる事ではないし、恥ずかしいチョンボですよ。

・・・ところでkazutoさんが、どなたなのか、何となく判ったような気持がしますよ (^^)。
昔々、kazutoさんがドライバーで、私がエンジニアでって組み合わせでお会いした事ありますよね??

re さすが * by kazuto
教祖様。

バレましたか(^^;。
今も変わらぬ洞察力、恐るべしです。
お久しぶりです。その節は大変お世話になりました。

あの時の予選のお陰で生涯最高のレースが出来ましたし、今も業界の隅で稼ぐことができてるのは、教祖様の法力のお陰だとマジで思ってます。

お時間がありましたら、ぜひとも食事でも、ご案内させて下さい。連絡お待ちしてますよ(^-^)。

re:さすが * by たかちゃん
kazuto さん。

おはよーございます。
大変恐縮です。

ああいう体験が強いプロとしてのkazutoさんを作ったのだとすると、私も誇らしいです。

でも、教祖様は勘弁してね(爆笑)。
仕事が一段落したら連絡します (^^)。

No Subject * by だわ
正式名称は知りませんでした。
ナッターだと思ってましました(^。^)

岩手のお酒も🍶初耳!!
半分岩手人なのにノーマークとはʅ(◞‿◟)ʃ
今度買ってみよっとッ!!

re:No Subject * by たかちゃん
だわ さん。

こんにちは。
コメントありがとうございます。

ナッターは、リベットの中に雌ネジが切ってある物を薄板などに固定する物だったかな (^^)。
ナット割りは一つ工具箱に入れておくと、ピンチから脱出出来ることも有るかもですよ。

「あさ開き」は、安くて美味い酒の代表格みたいな奴ですよ。
ぜひ一度、見つけ出して、お試しなさってみて下さい。
かなり幅広い肴に合いますよ (^^)。


Comment-close▲

Comment







管理者にだけ表示を許可

さすが

小さなミスでも見逃さず、徹底的に原因を突き詰めて、二度と同じ問題は起こさない‼️
そこが凡人とは違うところなんですねー😃。
さすがはご教祖様です。
勉強になりました。
2020-02-08-12:49 * kazuto [ 編集 * 投稿 ]

たかちゃん re:さすが

kazuto さん。

こんにちはー。
コメントありがとうございます。

いやいや~。
失敗やらかした後始末ですからねぇ。
自慢できる事ではないし、恥ずかしいチョンボですよ。

・・・ところでkazutoさんが、どなたなのか、何となく判ったような気持がしますよ (^^)。
昔々、kazutoさんがドライバーで、私がエンジニアでって組み合わせでお会いした事ありますよね??
2020-02-09-11:11 * たかちゃん [ 編集 * 投稿 ]

re さすが

教祖様。

バレましたか(^^;。
今も変わらぬ洞察力、恐るべしです。
お久しぶりです。その節は大変お世話になりました。

あの時の予選のお陰で生涯最高のレースが出来ましたし、今も業界の隅で稼ぐことができてるのは、教祖様の法力のお陰だとマジで思ってます。

お時間がありましたら、ぜひとも食事でも、ご案内させて下さい。連絡お待ちしてますよ(^-^)。
2020-02-09-14:54 * kazuto [ 編集 * 投稿 ]

たかちゃん re:さすが

kazuto さん。

おはよーございます。
大変恐縮です。

ああいう体験が強いプロとしてのkazutoさんを作ったのだとすると、私も誇らしいです。

でも、教祖様は勘弁してね(爆笑)。
仕事が一段落したら連絡します (^^)。
2020-02-10-08:14 * たかちゃん [ 編集 * 投稿 ]

No Subject

正式名称は知りませんでした。
ナッターだと思ってましました(^。^)

岩手のお酒も🍶初耳!!
半分岩手人なのにノーマークとはʅ(◞‿◟)ʃ
今度買ってみよっとッ!!
2020-02-16-06:07 * だわ [ 編集 * 投稿 ]

たかちゃん re:No Subject

だわ さん。

こんにちは。
コメントありがとうございます。

ナッターは、リベットの中に雌ネジが切ってある物を薄板などに固定する物だったかな (^^)。
ナット割りは一つ工具箱に入れておくと、ピンチから脱出出来ることも有るかもですよ。

「あさ開き」は、安くて美味い酒の代表格みたいな奴ですよ。
ぜひ一度、見つけ出して、お試しなさってみて下さい。
かなり幅広い肴に合いますよ (^^)。

2020-02-17-14:51 * たかちゃん [ 編集 * 投稿 ]